Domenico Paone:当パスタ工場の設立者

Domenico Paone(ドメニコ・パオーネ)は、ErasmoおよびFrancesca Purificatoの子として1858年8月4日フォルミアで生まれました。

一族は数世代にわたって南ラツィオの沿岸地域を中心に、主に作物やかんきつ類の樹木が育つ土地と財産を所有してきましたが、Paoneはこうした土地で19世紀初頭に誕生しました。

Domenicoは明確なビジョンを持った人物で、パスタ工場の真のパイオニアであり、その後普及することとなったあらゆるものを先駆的に導入しました。

戦前

「Captain of Industry」

1918年、火事によって(原因はおそらく放火)建物がほぼ全壊し、精力的な製造活動が中止に追い込まれました。それまで、工場では毎日50,000 kgの小麦粉と8000 kgのパスタが製造されていました。 Domenico Paone自身の奮闘により、工場はすぐに再建されました。

Il 1928年6月24日、ミントゥルノ出身のPietro Fedele教育大臣とガエータのMonsignor Dionigi Casaroli司教が 特別な記念碑の除幕を祝う祝賀イベントに出席しました。今日でもLargo Paone遊歩道で人々を魅了する この記念碑は、非常に激しい嵐で被害を受けた海浜区域や沿岸道路の企画開発に私費を投じたDomenico Paoneの功績を称えて建てられました。

この遊歩道区域は「Largo Paone」として知られるようになりましたが、この丸みを帯びた見事なエクセドラは戦前の絵はがきに見ることができます。
1930年、Domenico Paoneは1930年12月15日の国王令の下で「Captain of Industry」(業界の指導者)の称号を与えられるという栄誉を受けました。

戦時中

Domenicoの功績

1943年9月10日、ピアッツァリソルジメント地区は激しい砲撃を受け、パスタ工場は完全に破壊されました

この災難はDomenicoにとって間違いなく耐え難いことでした。わずか8日後の1943年9月18日、彼はこの世を去りました。

こうした悲劇的な展開にもかかわらず、Domenicoの後継者たちは適切な時期に建物を再建するという任務に取り掛かりました。

戦後

新たなスタート

旧パスタ工場での製造は2010年12月31日に終了となりましたが、その頃までには毎日100トンを超えるパスタが製造されるようになっていました。

事業はフォルミアのペニトロ工業地区に工場を移転したことで、町の交通渋滞の緩和と、この都市環境における産業汚染や騒音公害の原因排除に寄与しました。

ストーリーは続く

Domenicoの功績を称えて

現在、Paoneパスタ工場ラティーナ県で最も古くからある事業であり、 商業および会社登録簿の会社番号95として登録されています。同工場は4世代にわたりフォルミアにおけるパスタ製造の中心であり、同社の他の構想の一環として創出された雇用機会は、言うまでもなく、数十年の間に何千人もの従業員を生み出してきました。

Domenicoシリーズの高品質パスタは、当社の創業者と「arte bianca」(ベーキング技術)を称えて作られたものです。より広い意味では、イタリア固有の遺跡やすばらしい都市で見られる見事なまでの芸術をも称えています。